北海道産業保安監督部
サイトマップ お問い合わせ  RSS
トップ電気保安立入検査の結果平成22年度電気工事業に係る立入検査結果について

平成22年度電気工事業に係る立入検査結果について

平成23年7月21日
北海道産業保安監督部
1. 立入検査の目的
 電気工事業を営む者の登録等及びその業務の規制等を行うことにより、その業務の適正な実施を確保し、もって一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安確保に資することを目的とし、電気工事業の業務の適正化に関する法律(以下、法という)第29条第1項の規定に基づき、電気工事業を営む者の営業所に対し立入検査を実施しております。
2. 立入検査の実施件数及び結果
 平成22年度は、当監督部管内のみなし登録電気工事業者3営業所に対して立入検査を実施しました。その結果、当該営業所においては、特に指摘事項は認められませんでした。
3. 検査事項
(1) 電気工事業法に基づく手続きが適切に行われているか。(法第34条第4項又は5項)
(2) 主任電気工事士が行う一般用電気工作物に係る電気工事の作業管理が十分行われているか。(法第20条)
(3) 電気工事士等でない者を電気工事に従事させていないか。(法第21条)
(4) 請け負った電気工事を電気工事業を営む電気工事業者でない者に請け負わせていないか。(法第22条)
(5) 電気用品安全法による表示が付されていない電気用品を電気工事に使用していないか。(法第23条)
(6) 絶縁抵抗計その他経済産業省令で定められた器具を備えているか。(法第24条)
(7) 標識の掲示の有無又は記載事項に誤りはないか。(法第25条)
(8) 帳簿の有無又は記載事項に誤りはないか、保存期間は守られているか。(法第26条)
4. まとめ
 平成22年度においては、特に違反事項は認められませんでしたが、過去には、次のようなケースがあり、適切な帳簿の記載や作業管理に留意する必要があります。
 また、電気工事業者は登録(届出)事項に変更が生じた際は、遅滞なく届出をしなければなりませんが、例えば、次の事項について注意する必要があります。
 電気工事については、電気工事士法に基づく有資格者が行わなければなりませんが、特に低圧工事に従事させるにあたり、第二種電気工事士と認定電気工事従事者の従事範囲については注意が必要です。
 最後に、電気工事業の業務の適正な実施を確保することは、電気工作物の保安を確保する上で重要な事項であり、今後とも安全な電気工事及び法令遵守に努めていただきますようよろしくお願いいたします。
北海道産業保安監督部 電力安全課
電話:011-709-2311
(内線2720〜2722)
ファクシミリ:011-709-1796
E-mail hokkaido-denryokuanzen@meti.go.jp

一覧にもどる トップページにもどる
北海道産業保安監督部
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
プライバシーポリシー