北海道産業保安監督部
サイトマップ  お問い合わせ  RSS  トップページ
トップ電気保安電気事故関係平成25年度第一四半期(4〜6月)の管内における感電負傷事故について

平成25年度第一四半期(4〜6月)の管内における感電負傷事故について

平成25年 9月 6日
北海道産業保安監督部

 平成25年度第一四半期(4〜6月)に発生した管内における感電負傷事故について、電気関係報告規則に基づき当部に対して2件報告があり、概要についてとりまとめましたのでお知らせします。
 電気工作物を設置する者には、感電、火災及び供給支障等の防止を図るために「電気設備の技術基準」に適合するよう電気工作物を設置し、維持することが求められております。
 電気保安に携わる皆様におかれましては、これら事故に伴う損失・被害を十分に認識し、保安意識・技術の向上や、適切な点検・計画的な設備更新を図るとともに、自主保安体制の充実・強化に努め、電気事故の防止に役立てていただきますようお願いいたします。

No.1
発生年月 平成25年4月
事故発生
電気工作物
屋外キュービクル内 高圧交流負荷開閉器(LBS:6,600V)
事故の状況  罹災者は当該事業場の廃止に伴い、絶縁監視装置を取り外す作業を行おうとしていた。
 罹災者は、絶縁監視装置の状況を確認しようとして、屋上キュービクルの中央扉(高圧コンデンサー盤)を開けたところ、扉のストッパー用の棒が外れ、高圧コンデンサー側に倒れていった。
 罹災者は、外れた棒が高圧コンデンサー側に倒れるのを防ぐため左手を伸ばした時、外れた棒が高圧交流負荷開閉器のヒューズホルダ下側充電部に触れ、「高圧交流負荷開閉器」->「倒れた棒」->「左手」->「右手」->「扉側面」の経路で感電罹災した。
 扉のストッパーはビルの解体業者がこじ開けようとして壊しており、罹災者はそれを知らずに扉を開けたもの。
事故原因 感電(電気工作物不良)
被害の状況
(被害者、年齢)
電撃症(左掌3度熱傷、右掌3度熱傷)入院3日
(電気保安業務従事者、44歳)
再発防止対策
  1. 設置者は主任技術者と相互連絡を徹底する。
  2. 工事関係者は連絡責任者を明確にし、主任技術者と相互連絡を徹底する。
  3. 電気工作物への注意喚起、連絡先等のシール貼り付けを実施する。
  4. 異変に気がついたら作業を中断し状況を確認する。
  5. 予定外作業を行う場合は、「どのような危険があるか」、危険予知を行った上で作業する。
参考図 写真(PDF形式/233KB)単線結線図(PDF形式/75.8KB)

No.2
発生年月 平成25年6月
事故発生
電気工作物
特別高圧送電線(66,000V)
事故の状況  特別高圧送電線下で通信用ケーブル敷設のための送電線を横断するように地中埋設管路の敷設作業を実施しいてた。
 管路埋め戻し中、転圧機の燃料がなくなり、作業員はユニック車(6t)の荷台にあった発電機から燃料を抜き取ってランマーに給油しようとしていた。
 ランマーをユニッククレーンで吊り上げ、荷台へ移動中にクレーンのブームが送電線に接触。
 クレーン操作者とは別にユニック車荷台に両手をかけていた作業員が「送電線」->「ユニッククレーンブーム」->「ユニック車荷台」->「両手」->「地上」の経路で感電罹災した。
 (クレーン操作者は感電していない)
事故原因 感電(第3者の過失)
被害の状況
(被害者、年齢)
電撃症(両手足)入院日:1ヶ月程度日
(作業員、37歳)
再発防止対策
  1. 通信事業者への事故防止PRの実施
  2. 公衆安全標識の設置
参考図 写真(PDF形式/265KB)

北海道産業保安監督部 電力安全課
電話:011-709-2311
(内線 2720〜2722)
ファクシミリ:011-709-1796
E-mail hokkaido-denryokuanzen@meti.go.jp

  このページのトップへ
 一覧にもどる トップページにもどる
経済産業省 北海道産業保安監督部
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
プライバシーポリシー