北海道産業保安監督部
サイトマップ  お問い合わせ  RSS  トップページ
トップ電気保安お知らせ今冬の落雷に起因すると推定される事故を踏まえた発電用風力設備に対する当面の落雷対策等について

今冬の落雷に起因すると推定される事故を踏まえた発電用風力設備に対する当面の落雷対策等について

平成26年3月17日
北海道産業保安監督部

 今冬の落雷に起因すると推定される事故に関し、平成25年12月3日及び同年12月27日付けで落雷対策に係る周知依頼を行ったところですが、平成26年2月14日に産業構造審議会保安分科会電力安全小委員会新エネルギー発電設備事故対応・構造強度ワーキンググループ(第1回)において、各事故に対する原因究明や落雷対策について検討を行いました。
 今冬に落雷事故が発生した発電所においては、引き続き事故原因の究明及び再発防止対策の実施を可能な限り早急に行うことが必要ですが、今冬に事故が発生していない発電所においても、今冬に発生した落雷事故の調査状況を踏まえつつ、設備の立地状況や落雷状況に鑑み、適切な設備・運用上の対策に一層取り組むことが必要であると考えられます。
 このため、公共の安全の確保の観点から、発電用風力設備の安全管理に万全を期すため、管内の発電用風力設備の設置者に対し、当面の落雷対策について、下記のとおり対応いただくようお願いしましたので、お知らせします。
 また、新たに火災事故やブレード破損事故が発生していることから、本事故についても、 さらに、京都府から太鼓山風力発電所における風車落下事故に対する再発防止対策に関し、ナセルとタワートップフランジとの接合部であるボルトに係る亀裂等発生への対応及び保安点検の具体的な実施内容等に係る報告がなされており、風車の製造事業者が同じである他の事業者における安全対策に参考になると考えられることから、併せて同報告の内容も周知しましたので、お知らせします。

北海道産業保安監督部 電力安全課
電話:011-709-2311
(内線 2720〜2722)
ファクシミリ:011-709-1796
E-mail hokkaido-denryokuanzen@meti.go.jp

一覧にもどる トップページにもどる
経済産業省 北海道産業保安監督部
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
プライバシーポリシー