北海道産業保安監督部
サイトマップ  お問い合わせ  RSS  トップページ
トップ公報平成24年 年頭所感

平成24年 年頭所感

平成24年 1月 4日

北海道産業保安監督部長 折田 憲一

折田 写真

 平成24年の年頭に当たり、謹んで新年の御挨拶を申し上げます。
 関係者の皆様には、日頃より産業保安行政に対し格別の御理解と御協力を賜りまして、厚く御礼申し上げます。

 まず、昨年3月11日に発生しました東日本大震災で犠牲となられた方々に、謹んで哀悼の意を表しますとともに、今なお御不便な生活を強いられておられます被災者の方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。また、被災地の電気・ガスの復旧作業に際し、北海道内の企業からも多くの方々がいち早く被災地に赴き、復旧支援に御尽力されましたことに対し、深く敬意を表する次第であります。
 一方、道内においては一部の地域において停電が発生し、その後津波により沿岸地域が冠水するなどの被害をもたらしましたが、幸いにして産業保安分野での大きな被害はありませんでした。

 さて、昨年の管内の災害・事故発生状況を見ますと、特定の分野で事故件数の増加が見られたものの、総じて一昨年と同様の水準で推移しました。

 当部の主な取組を分野別に紹介しますと、電気保安については、ホームページや各種主任技術者会議の場において具体的な事故事例を紹介するなど、類似事故防止のため啓発に努めております。例えば当部が主催している「風力発電研究会」においては、風力発電に関わる多くの方々に御参加いただき、道内の風力発電設備の稼働状況やトラブル発生等の情報共有を図りました。

 ガス保安については、昨年1月から3月の間に、住宅等において屋根からの落雪や雪下ろしに起因するLPガス等の漏えい事故が16件と多発したため、この冬の雪害によるガス事故の発生防止について、本格的な積雪時期となる昨年12月にも、消費者の皆様に注意喚起を実施したところであります。

 鉱山保安については、新規区域開発中の露天炭鉱が多くあり、災害の発生リスクが高いことから、このリスク要因に焦点をあてた監督・指導を強化しております。
 また、専門的な資格・知識を幅広く持つ鉱山労働者等の育成を目的とする保安管理マスター制度の制定に向けた原子力安全・保安院での議論に参加協力しております。
 さらに、休廃止鉱山に係る鉱害防止については、地方公共団体や鉱業権者が行う坑廃水処理等の鉱害防止対策に対して、継続して支援を行っています。

 今年の業務を進めるに当たっては、今回の東日本大震災や福島第一原子力発電所事故等での教訓を活かし、慢心することなく心を新たにして、産業保安の確保のために、職員一丸となって全力で取り組みたいと考えています。
 それには、我々職員一同が、国民の信頼と期待に着実に応えていくために、国民全体の奉仕者であることを自覚し、中立性・公平性を堅持し、日々行政の透明性を確保しつつ、国民の目線に立った効率的な行政に努める必要があるものと考えています。
 論語の中に、行政官として好ましくない行為(四悪)について述べている箇所がありますが、私は、そういうことにならないよう常に己を点検していくつもりです。今後とも、エネルギー施設等の安全や保安確保のため、皆様の御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 (子張 孔子に問うて曰く、如何にせば斯ち以て政に従う可きか、と。子曰く、五美を尊び、四悪を屏けば、斯ち以て政に従う可し、と。…略…)子張曰く、何をか四悪と謂う、と。子曰く、教えずして殺す、之を虐と謂う。戒めずして成るを視る、之を暴と謂う。令を慢せにして期を致す、之を賊と謂う。猶之れ人に与うるとき、出納の吝なる、之を有司と謂う、と。

………堯曰第二十の中から

 <子張「四悪とは、どのようなものでしょうか」。孔子「道徳教育をしないでおいて、(重罪を犯すと)死刑にする。これを虐と言う。あらかじめ注意を与えないでおいて、よくできたかどうかを検査する。これを暴と言う。行政上の連絡をきちんとしないでおいて、期日どおりでないとして罰する。これを賊と言う。当然に民に与えるべきものをあれこれと出し惜しみする。これを小役人根性と言う」。>

 最後になりますが、昨今の産業保安を取り巻く環境は、経済状況により一層厳しさを増しているところでありますが、今年一年、事故や災害のない年であることを願うとともに、皆様の御多幸と御健勝を祈念いたしまして新年の挨拶とさせていただきます。

北海道産業保安監督部 管理課
電話 011-709-2311 (内線) 2811〜2812
ファクシミリ 011-709-4143
E-mail hokkaido-kanri@meti.go.jp

一覧にもどる トップページにもどる
北海道産業保安監督部
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
プライバシーポリシー