北海道産業保安監督部
サイトマップ お問い合わせ  RSS  トップページ
トップ行事等平成21年度 鉱山の保安指導実施状況について

平成21年度 鉱山の保安指導実施状況について

平成22年2月24日
北海道産業保安監督部

 原子力安全・保安院では、鉱山の保安技術の向上、リスクマネジメントの定着及び保安教育の推進を図るため、保安指導実施要領(内規)に基づく保安指導員制度を設け、鉱山災害防止及び鉱害の防止を期する事を目的に鉱山に対して保安指導を行っています。
 平成21年度は、申込みのあった砂子炭鉱と操業の状況が相似している6炭鉱(東芦別炭鉱、新旭炭鉱、吉住炭鉱、空知新炭鉱、北菱美唄炭鉱、三美炭鉱)の計7炭鉱に対し「ハザードの登録とリスクアセスメント」というテーマで石油資源開発(株)北海道鉱業所技術部環境保安グループ長 新保 康尚 氏に、「トップネジメント 事業者・現場監督者の責務」というテーマで、訓子府石灰工業(株)代表取締役社長 畦田 文博 氏にご講演、ご指導していただきました。

○保安指導実施日
平成22年2月22日(札幌第1合同庁舎 経済産業局第3会議室)
○保安指導状況
講師(新保 康尚 氏) 講師(畦田 文博 氏)
講師(新保 康尚 氏) 講師(畦田 文博 氏)

 参加者は、自山のリスクマネジメントの定着に取り組む姿勢とその手法を習得するため、熱心に講師の指導に耳を傾けていらしゃいました。
 参加者からは今回の保安指導は大変参考になり、自山での取り組みに生かしたい、今後もこのような機会をもってほしいとの感想が寄せられました。

 なお、今後とも各鉱山におかれましては保安指導員制度を御活用いただき、保安技術の向上、リスクマネジメントの定着に向け取り組まれますようお願い致しますとともに、保安指導の申込み希望がございましたら担当までお知らせ下さい(申込みや保安指導の概要については下記をご覧ください)。

北海道産業保安監督部 鉱山保安課
電話 011-709-2311 (内線) 2821〜2822
ファクシミリ 011-709-2468
E-mail hokkaido-kozan@meti.go.jp

当部の広報内容に関するご意見・お問い合わせは、こちらをご覧ください。
一覧にもどる トップページにもどる
北海道産業保安監督部
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
プライバシーポリシー