北海道産業保安監督部
サイトマップ お問い合わせ  RSS  トップページ
トップ鉱山保安取扱中の器材による災害の防止について(厳重注意)

取扱中の器材による災害の防止について(厳重注意)

平成27年11月13日
北海道産業保安監督部

 平成27年11月10日、北海道産業保安監督部(以下「当部」という。)は、釧路炭鉱の坑内拡大作業場において平成27年5月に発生した取扱中の機材による災害に関し、鉱業権者である釧路コールマイン株式会社に対し、厳重に注意するとともに、類似災害の防止に万全を期すよう求めました。


  1. 平成27年5月25日、釧路炭鉱の坑内拡大作業場において鉱山労働者(運転手)が電動式下盤打機の傾き修正のためバケットにより機体を浮かし上げた状態で停止し、カタピラ下に鉱山労働者(罹災者)が介物を入れていたところ、機体が下がり、左手がカタピラの下敷きとなり、重傷を負う災害が発生しました。
  2. 当部が検査した結果、原因として、次の盤打機械(車両系鉱山機械)の作業に関する欠陥事項が認められました。
  3. このため、当部は、鉱業権者に対し本災害の発生について厳重に注意するとともに、類似災害の防止に万全を期すよう求めました。
北海道産業保安監督部 鉱山保安課
電話 011-709-2311 (内線) 2821〜2822
ファクシミリ 011-709-2468
E-mail hokkaido-kozan@meti.go.jp

一覧にもどる トップページにもどる
経済産業省 北海道産業保安監督部
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
プライバシーポリシー