北海道産業保安監督部
サイトマップ  お問い合わせ  RSS  トップページ
トップ鉱山保安落盤による災害を発生させた炭鉱に対して注意文書を交付しました

落盤による災害を発生させた炭鉱に対して注意文書を交付しました

平成30年6月29日
北海道産業保安監督部

 北海道産業保安監督部では、落盤による災害を連続して発生させた炭鉱に対し、今後、災害を発生させないため保安の確保に万全の措置を講じるよう、注意文書を交付しました。

1.当該炭鉱では、平成30年4月23日及び4月30日に坑内の採炭作業場において、それぞれ落盤による災害が発生し、落下した岩石等により2名の重傷者が発生しました。
 落盤に対する危険箇所の範囲、具体的な保安対策が不十分であったことが原因と考えられます。
2.このため、当部は当該炭鉱に対し注意文書を交付するとともに、今後、災害を発生させないために保安の確保に万全の措置を講ずるよう求めました。


北海道産業保安監督部 鉱山保安課
電話:011-709-2311(内線 2821〜2822)
ファクシミリ:011-709-2468
E-mail hokkaido-kozan@meti.go.jp

一覧にもどる トップページにもどる
経済産業省 北海道産業保安監督部
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
プライバシーポリシー