北海道産業保安監督部
サイトマップ  お問い合わせ  RSS
トップ産業保安液化石油ガス事故集計北海道管内における液化石油ガス事故(LP事故)の発生状況について(平成24年)

北海道管内における液化石油ガス事故(LP事故)の発生状況について(平成24年)

平成25年 6月 6日
北海道産業保安監督部
番号   発生年月日   発生場所 事故の種類 り災者数 事故概況
1 平成24年1月2日 札幌市 漏えい火災 飲食店において、業務用こんろに点火しようとしたところガスに引火した。こんろを接続する際、熱による影響を考え、こんろとの接続に金属フレキシブルホースを使用していたが、何らかの荷重の繰り返しにより可とう部に金属疲労による亀裂が生じてガスが漏えいし、こんろの着火により引火した。
2 平成24年1月22日 札幌市 ガス漏えい 共同住宅において、近隣住人からガス臭がすると消防に通報があり、消防及び保安センターが出動し、状況を確認した。隣接する4階建共同住宅の雪庇が供給設備に落下し、高圧ホースの容器接続側のかしめ部を損傷したもの。当該供給設備は容器庫等の設置や落雪防護措置は施されていなかった。
3 平成24年1月23日 北見市 ガス漏えい 一般住宅において、隣家住人より当該住宅に落雪がありガスが漏れていると消防に通報があり、販売事業者が出動し、調整器の損傷を確認した。気温上昇により屋根上で解けた雪が氷となり、軒下に巻き込む形で雪とともに氷が落ち調整器が損傷した。
4 平成24年1月26日 岩見沢市 ガス漏えい 一般住宅において、雪降ろし業者から、氷の塊を含んだ大量の雪氷がメーター上部に落下し、ガスが漏えいしたとの通報を受け、販売事業者が出動し、状況を確認した。雪下ろし時の雪氷がメーターのユニオン部分を損傷したもの。
5 平成24年1月28日 羅臼町 ガス漏えい 一般住宅において、住人がパワーショベルにより除雪作業を行っていたところ、50kg容器を損傷したとの通報を受け、販売事業者が出動、状況を確認した。除雪作業中に重機を50kg容器にぶつけ、容器に3cmほどの亀裂が入りガスが漏えいしたもの。
6 平成24年1月28日 札幌市 ガス漏えい 共同住宅敷地内において、除雪作業者が除雪重機を操作中、配管に接触した可能性があるとの通報を受け、販売事業者が出動し、バルク貯槽収納庫から露出した供給管のソケット部が損傷していることを確認した。除雪作業者が除雪作業中重機ボディーを地上高10cmの露出供給管に接触させたことにより、ソケットのネジ部が折損したもの。
7 平成24年1月30日 岩見沢市 ガス漏えい 一般住宅において、住人から居室内でガス臭がするとの連絡を受け消防および販売事業者が出動し、メーターユニオンからの漏えいを確認した。屋根の雪降ろしを行い、配管およびメーター上部に雪を堆積させたままにしておいたためメーターユニオンのネジ部が損傷し、配管内のガスが漏えいしたもの。
8 平成24年1月31日 札幌市 ガス漏えい 一般住宅において、近隣住人から屋外でガス臭がするとの通報を受け、消防及び保安センターが出動し、供給設備の中間ガス栓からの漏えいを確認した。建物外壁と隣地境界に設置されている塀との隙間に堆積した雪の荷重が容器に加わり、容器本体上部が調整器下の中間ガス栓に接触、ガス栓可動部の金属すり合わせ部に隙間が生じガスが漏えいしたもの。
9 平成24年1月31日 岩見沢市 ガス漏えい 一般住宅において、住人が外出先から帰宅したところガス漏れ警報器が鳴っており、室内にガス臭がしたため販売事業者に連絡した。屋根の雪下ろしを行った際に2mほどの雪を堆積したまま放置したため、荷重によりボンベボックスが建物から外れかかり、支柱が支点となって調整器ユニオンを損傷させたもの。
10 平成24年1月31日 札幌市 ガス漏えい 一般住宅において、住人からガス漏れ警報器が鳴り、ガス臭がするとの通報を受け販売事業者が出動し、屋外配管の継手部からの漏えいを確認した。屋根の雪下ろしをした際に漏えいしている配管方向に雪を捨てていたため、その後の降雪で荷重が加わり配管のユニオン接続部を損傷させたもの。
11 平成24年2月1日 江別市 ガス漏えい 一般住宅において、住人からガスが出ないと連絡を受け、販売事業者が出動したところ、雪に埋もれた供給設備に設置された容器が2本とも空になっており、供給管立ち上がりの継手部が損傷していることを確認した。前日に屋根改修工事業者が雪下ろしをしており、作業終了後からガスが出なくなったことから、雪下ろし時に屋根から落とした雪の重みで供給管が損傷したもの。
12 平成24年2月2日 紋別市 ガス漏えい 飲食店において、配送員がガスの使用量が通常より多いことに気付いたため、漏えい検知器により調査したところ漏えいを検知した。容器庫付近の土壌が凍上、供給管の継手部が湾曲しガスが漏えいしたもの。
13 平成24年2月5日 旭川市 ガス漏えい 共同住宅において、住人からガスが漏えいしているとの通報を消防が受け、販売事業者が出動し配管の損傷を確認した。住人が除雪作業により、アパート壁面に設置されている配管付近へ雪を集積したため、配管継手部が損傷したもの。
14 平成24年2月6日 稚内市 ガス漏えい 事務所敷地内において、従業員が除雪作業中に重機のバケットで20kg容器を損傷したとの連絡を受け、販売事業者が出動し、損傷した空の20kg容器を確認した。バケット付タイヤショベルにより除雪作業中にバケット部を20kg容器に接触させ、容器を損傷しガスが漏えいしたもの。
15 平成24年2月6日 小平町 漏えい爆発 1 1 一般住宅において、消費者から落雪によりガスが漏えいしたとの連絡を受け、販売事業者が出動し、調整器継手部の損傷によるガス漏えいを確認したため、容器バルブを閉止し、後日修理する旨を伝えて帰社した。その後、消費社宅内において爆発が発生し、壁が吹き飛び1名が負傷した。原因は、漏えいについては落雪による調整器継手部の損傷によるものであるが、爆発については、販売事業者がガス検知や消費者に対する火気取扱いの注意などを実施せずに帰社したため、床下に滞留していたガスにスイッチ操作や、灯油ボイラーの種火、静電気など何らかの原因で引火したものと推定される。
16 平成24年2月14日 留萌市 ガス漏えい 学校において、職員が校舎の屋根の雪下ろしをしている際、ガスが漏えいしたため、消防に通報し、駆け付けた販売事業者が状況を確認した。雪下ろし作業中、雪をガスメーターに落としたためユニオン部分が損傷し、ガスが漏えいしたもの。なお、容器や調整器を容器庫に収納し、メーターの設置位置を2.8mの位置にしていた。
17 平成24年2月14日 函館市 ガス漏えい 共同住宅において、住人から敷地内でガス臭がするとの連絡を受け、販売事業者が出動し、供給管からのガス漏えいを確認した。隣家から氷雪が地面に落ち、跳ね返った氷が供給管の継手部を損傷させたものと推定される。
18 平成24年2月15日 稚内市 ガス漏えい 共同住宅において、消費者より屋根から落雪がありその後ガスが出なくなったと連絡があり、販売事業者が出動し状況を確認した。屋根からの落雪により調整器が損傷し、ガスが漏えいしたもの。
19 平成24年2月17日 岩見沢市 ガス漏えい 一般住宅において、消費者よりガス臭がするとの通報を受け、保安機関が出動し、供給設備が雪に埋まっており、メーターが傾き、容器はガス放出防止器によりガスが遮断されていることを確認した。積雪により配管に加重が加わり、メーターユニオン部が損傷したもの。
20 平成24年2月18日 稚内市 ガス漏えい その他店舗において、従業員から火が着かないとの連絡を受け、保安機関が出動したところ、バルク貯槽の一次調整器の入口側継手部が損傷していることを確認した。積雪荷重によりプロテクター外の供給管に負荷がかかり、調整器の継手部が損傷したもの。(バルク貯槽120kg×1基)
21 平成24年2月19日 岩見沢市 ガス漏えい 共同住宅において、近隣住人からガス臭がするとの通報を消防が受け、販売事業者が出動し、供給管が損傷しガスが漏えいしていることを確認した。屋根の雪庇が供給設備に落下し、供給管を損傷したためガスが漏えいしたもの。
22 平成24年2月20日 岩見沢市 ガス漏えい 一般住宅において、ガス臭がするとの通報を受け、販売事業者が出動し、状況を確認した。雪下ろし業者が屋根の雪下ろしをしていたところ、誤ってメーターユニオンを損傷させ、ガスが漏えいしたもの。
23 平成24年2月22日 岩見沢市 ガス漏えい 一般住宅において、住人からガス臭がするとの通報を受け、販売事業者が出動し、ガスの漏えいを確認した。雪下ろしの際に容器庫付近に雪を堆積させたため、その荷重により容器庫が傾き、背面の支持金具が調整器ユニオンを損傷させたもの。
24 平成24年2月23日 函館市 ガス漏えい 共同住宅において、近隣住人からガスの漏えい音がするとの通報が消防にあり、ガス臭がしたため連絡を受けた販売事業者が出動し、調整器ユニオンが損傷していることを確認した。屋根からの大量の雪氷が木製の雪害防止用の小屋根を破り供給設備を直撃したため、調整器のユニオン部が損傷したもの。
25 平成24年3月1日 札幌市 ガス漏えい 作業所兼住宅において、住人よりガス漏れ警報器が鳴っているとの連絡を受け、販売事業者が出動したところ、配管からの漏えいを確認した。屋根からの落雪と降雪により堆積していた雪が建物周囲の横引き配管に加重を与えたため継手部を損傷し、ガスが漏えいしたもの。
26 平成24年3月1日 岩見沢市 ガス漏えい 一般住宅において、雪下ろし業者から屋根の雪が落ちてガス設備を破損し、ガス臭がするとの通報が消防にあり、販売事業者が出動したところ、ガスの漏えいを確認した。雪下ろし業者が雪を金属製の容器庫に落としたことで変形したフレームが、調整器のユニオン継手部を押したため損傷し、ガスが漏えいしたもの。
27 平成24年3月3日 北見市 ガス漏えい 一般住宅において、住人より落雪によりガスが漏れているとの通報が消防にあり、販売事業者が出動したところ、ガスが漏えいし、消防により容器バルブが閉止されていることを確認した。屋根からの落雪が調整器に当たったため、容器と調整器の接続部が損傷し、ガスが漏えいしたもの。
28 平成24年3月5日 函館市 ガス漏えい 一般住宅において、近隣の住人からガス臭がするとの通報を受けて消防が出動し、容器バルブを閉止した。原因は、屋根に堆積した雪氷の重みにより屋根の庇が損壊し、容器上に雪氷が落下して調整器本体を損傷させたため、ガスが漏えいしたもの。
29 平成24年3月6日 留萌市 ガス漏えい 一般住宅において、住人が落雪に気付き、ガスが漏えいしていたため消防に通報し、販売事業者が出動したところ、供給設備からの漏えいを確認した。当該供給設備は合板で防護されていたものの、空き家となっている隣家からの落雪により損傷し、ガスメーターを直撃したためメーターユニオンが外れ、ガスが漏えいしたもの。
30 平成24年3月10日 倶知安町 ガス漏えい 一般住宅において、通行人からガス臭がするとの通報が消防にあり、販売事業者が出動したところ、高圧ホースからガスの漏えいを確認した。自動切替式調整器の新設時に予備容器を取り付けない状態で作業を終了し、供給圧力が下がり予備側に切り替わった際、高圧ホースの先端からガスが漏えいしたもの。
31 平成24年3月12日 稚内市 ガス漏えい 一般住宅において、住人からガスが出ないとの連絡を受け、販売事業者が出動したところ、配管が損傷しメーターがガスを遮断していることを確認した。原因は、屋根の雪下ろしをした際に、配管の設置されている壁際に雪を堆積させたため、荷重により配管が折損してガスが漏えいしたもの。
32 平成24年3月13日 紋別市 漏えい爆発 1 1 社会福祉施設において、設備工事業者が食器洗浄機に接続された湯沸器の温水ライン交換工事を行った際に爆発が起こり、1名が軽傷を負った。当該湯沸器の給水接続口に誤ってガス管を接続し、ガス栓を開放した後、間違いに気付き付け替えを行ったが、湯沸器内に滞留していたガスに種火が引火し爆発したもの。
33 平成24年3月13日 名寄市 ガス漏えい 共同住宅において、住人からガス臭がするとの連絡を受け、販売事業者が出動したところ、配管の継手部からガスの漏えいを確認した。共同住宅壁面の高さ2m程度のところに設置されていた配管に屋根の雪庇が落下したため、配管の中間ガス栓を損傷し、ガスが漏えいしたもの。
34 平成24年3月13日 稚内市 ガス漏えい 一般住宅において、住人からガスが出ないとの連絡を受け、販売事業者が出動したところ、ガスの漏えいを確認した。当該住宅の屋根からの落雪により、メーターユニオンが損傷し、ガスが漏えいしたもの。
35 平成24年3月15日 岩見沢市 ガス漏えい 学校において、職員より容器庫が破損してガスが漏えいしているとの通報が消防にあり、販売事業者が出動したところ、供給管が損傷しガスが漏えいしていることを確認した。校舎の屋根からの落雪が容器庫を直撃したため、供給管を損傷し、ガスが漏えいしたもの。
36 平成24年3月16日 小樽市 ガス漏えい 一般住宅において、消費者からガス漏れ警報器が鳴動しているとの通報があり、消防と販売事業者が出動したところ、メーターユニオンが損傷していることを確認した。原因は、屋根からの落雪により、メーターユニオンを損傷し、ガスが漏えいしたもの。
37 平成24年3月16日 札幌市 ガス漏えい 2 2 共同住宅において、バルク貯槽における集中監視システムの点検をしていたところ、ガスが漏えいし、作業員2名が軽傷を負った。バルク貯槽に附属した液面計の集中監視信号の確認をする際、フランジ部分のボルト4本を緩めたことにより、内圧によってフランジが吹き飛び、ガスが漏えいしたもの。(バルク貯槽298kg×1基)
38 平成24年3月18日 岩見沢市 ガス漏えい 共同住宅において、ガスが漏れているとの通報が消防にあり、販売事業者が出動したところ、調整器が損傷し、集合装置が外壁から外れた状態となっていることを確認した。屋根からの落雪により、自動切替式調整器が損傷し、ガスが漏えいしたもの。
39 平成24年3月19日 三笠市 ガス漏えい 共同住宅において、消費者からガスが漏れているとの連絡を別の販売事業者から受け、販売事業者が出動したところ、供給管の損傷を確認した。屋根の積雪によって当該住宅の煙突が倒壊、住宅の壁に設置していた供給管が損傷し、ガスが漏えいしたもの。
40 平成24年3月23日 稚内市 ガス漏えい 一般住宅において、消費者からこんろに点火しないとの連絡を受け、販売事業者が出動したところ、配管継手部が損傷し、ガスメーターが遮断していることを確認した。積雪による負荷が配管に掛かり、配管の継手部を損傷し、ガスが漏えいしたもの。
41 平成24年3月24日 稚内市 ガス漏えい 一般住宅において、消費者からガスが出ないとの連絡を受け、販売事業者が出動したところ、50kg容器に設置されていたガス放出防止器が破損し、ガスが漏えいしていることを確認した。屋根からの落雪により堆積した雪の荷重により、容器とガス放出防止器の接続部に負荷が掛かって損傷し、ガスが漏えいしたもの。
42 平成24年3月25日 函館市 ガス漏えい 一般住宅において、隣人からガス臭がするとの連絡を受け、消防と販売事業者が出動したところ、調整器が折損してガスが漏えいしていることを確認した。隣家の車庫からの落雪により、容器と調整器の接続部が損傷し、ガスが漏えいしたもの。
43 平成24年3月26日 豊富町 ガス漏えい 共同住宅において、住人からガス漏れ警報器が鳴っているとの連絡を受け、販売事業者が出動したところ、供給管の継手部からガスの漏えいを確認した。屋根からの落雪により供給管の途中にある中間ガス栓が損傷し、ガスが漏えいしたもの。
44 平成24年3月27日 小平町 ガス漏えい 共同住宅において、近隣住人よりガス臭がするとの通報が消防へあり、販売事業者が出動したところ、供給管継手部からガスの漏えいを確認した。落雪により堆積した雪の荷重が供給管を圧迫し、継手部を損傷してガスが漏えいしたもの。当該供給管は地上から50cm程度の位置に設置されており、住居は空き家であったため除雪がされていなかった。
45 平成24年3月28日 余市町 ガス漏えい 一般住宅において、消費者からガス臭がするとの連絡を受け、販売事業者が出動したところ、供給管が損傷し、ガスが漏えいしていることを確認した。屋根からの落雪により、供給管の継手部を損傷し、ガスが漏えいしたもの。
46 平成24年4月5日 稚内市 ガス漏えい 共同住宅において、住人から配管ピット付近でガス臭がするとの連絡を受け、保安機関が出動したところ、ガス検知器によって埋設供給管からのガスの漏えいを確認した。敷地内に埋設された防食テープ巻き白管が経年劣化により腐食し、ガスが漏えいしたもの。
47 平成24年4月15日 札幌市 ガス漏えい 一般住宅において、近隣住人からガス臭がするとの連絡を受け、配送担当者が出動したところ、高圧ホース末端からガスの漏えいを確認した。配送担当者が容器交換時に予備側容器へ高圧ホースを接続せずに作業を終了させたため、使用側の圧力が下がり自動切替式調整器内で使用側と予備側が通じた際に、予備側容器と未接続の高圧ホース末端からガスが漏えいしたもの。
48 平成24年4月20日 旭川市 ガス漏えい 共同住宅において、管理者からガス臭がするとの連絡を受け、販売事業者が出動したところ、消防と警察によってすでに容器バルブが閉められており、漏えい検査を行ったところ、自動切替式調整器の切替レバーからガスの漏えいを確認した。当該調整器の一次側弁ゴムには異物が付着したため、閉そく不良により一次側内圧の上昇が繰り返され、ダイヤフラムに亀裂が発生し、ガスが漏えいしたもの。
49 平成24年5月11日 稚内市 ガス漏えい 学校において、販売事業者が定期設備点検調査のため訪問したところ、マイコンメーターの微少漏えい警告を発見し、直ちに気密検査を実施した結果、配管の埋設部からの漏えいを確認した。埋設された白管が経年劣化により腐食したもの。
50 平成24年7月23日 旭川市 ガス漏えい 共同住宅において、通行人よりガス臭がするとの通報が消防にあり、販売事業者が出動したところ、集合装置の高圧ホースからガスの漏えいを確認した。6本立て集合装置の高圧ホースのうち1本に、鋭利な刃物で切られたようなホース直径の3分の1程度の開口部があり、そこからガスが漏えいしたものであるが、高圧ガスホースが損傷した要因については調査中である。
51 平成24年8月4日 登別市 漏えい火災 共同住宅において、消費者がこんろに点火したところ、ヒューズガス栓付近で発火した。こんろに接続されたゴム管を取り外した際、二口ヒューズガス栓の自在部に過度の力がかかってホースエンド部が外れてしまい、それを消費者がビニールテープと輪ゴムで固定して使用を継続したため、隙間からガスが漏えいし、こんろの炎が引火したもの。
52 平成24年8月10日 札幌市 漏えい火災 共同住宅において、消費者がガスこんろに点火しようとしたところ、火災が発生し、台所の壁の一部を焼損した。こんろを使用する際に、誤って二口ヒューズガス栓の未使用側も開放し、何らかの原因によりヒューズ機能が作動せずにガスが漏えいしたため、こんろの火が引火したもの。未使用側のガス栓には、ゴムキャップなどは取り付けられていなかった。
53 平成24年8月20日 苫小牧市 漏えい爆発・火災 1 1 市道において、駐車していたキャンピングカーから出火し、所有者が消火器で消火したが、その際に軽傷を負った。車載用ガス冷蔵庫の付近から何らかの要因でガスが漏えいし、何らかの火が引火したものと推定される。消費者は当該容器を市内の充てん所に持ち込みLPガスを充てんしたが、自ら容器と調整器の接続を行っており、消費設備の調査がなされておらず、事故直前に消費者はガス臭に気付いていた。(質量販売 8kg×1本)
54 平成24年10月5日 札幌市 漏えい爆発 支援施設において、業務用炊飯器のスイッチを入れたところ、ボンという音と共に、ガス栓付近から炎が一瞬立ち上がった。
前日に炊飯器周辺を清掃するため、ガス栓側の迅速継手を脱着しており、ガス栓との接続不良に気づかずに継手部分から漏えいしたガスに引火し、小爆発したものと推定される。
55 平成24年10月14日 岩見沢市 ガス漏えい 共同住宅において、住人よりガス臭がするとの通報が警察にあり、販売事業者が出動したところ、ガスメーターの出口側ユニオンからガスの漏えいを確認した。当該ガスメーターに何らかの負荷が掛かり、ユニオン部のパッキンが変形したため、ガスが漏えいしたものと推定される。
56 平成24年12月11日 下川町 ガス漏えい 一般住宅において、ガス漏れ警報器鳴動の通報が消防に入り、販売事業者が出動したところ、配管継手部からガスの漏えいを確認した。屋根からの落雪がガスメーターに当たってメーター下部を押し込んだため、出口側配管の継手部を損傷し、ガスが漏えいしたもの。ガス漏れ警報器の鳴動は、落雪によって当該住宅の窓ガラスが損傷し、漏えいしたガスが屋内に流入したことによるもの。
57 平成24年12月28日 札幌市 ガス漏えい 共同住宅において、除雪業者から、除雪作業中にガス管を損傷したとの連絡を受け、販売事業者が出動したところ、バルク貯槽の収納庫から埋設部につながる供給管継手部からの漏えいを確認した。作業者がバルク貯槽収納庫の周辺を重機で除雪していた際、誤って重機が露出供給管に接触して損傷し、ガスが漏えいしたもの。(バルク貯槽980kg×1基)
58 平成24年12月29日 札幌市 ガス漏えい 共同住宅において、近隣住人より漏えい音とガス臭がするとの通報が消防にあり、販売事業者が出動したところ、差圧式調整器の本体部分が損傷していることを確認した。屋根からの落雪の重みで供給設備を囲っていた合板が下に押し下げられたことで、調整器本体が損傷し、ガスが漏えいしたもの。当該共同住宅の供給設備の上部は合板及び単管で囲われていたが、強固なものではなかった。
合計 5 5

注) ※北海道から報告のあった事故を集計

北海道産業保安監督部 保安課
TEL. 011-709-2311 (内線)2745〜2747
FAX. 011-707-6337
E-mail hokkaido-hoan@meti.go.jp

  このページのトップへ
 一覧にもどる トップページにもどる
経済産業省 北海道産業保安監督部
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
プライバシーポリシー