北海道産業保安監督部
サイトマップ  お問い合わせ  RSS
トップ産業保安液化石油ガス事故集計北海道管内における液化石油ガス事故(LP事故)の発生状況について(平成28年)

北海道管内における液化石油ガス事故(LP事故)の発生状況について(平成28年)

平成29年 3月14日
北海道産業保安監督部
番号   発生年月日   発生場所 事故の種類 り災者数 事故概況
1 平成28年1月30日 札幌市 漏えい 通行人より「屋外の容器からガス漏れ音とガス臭がする」との通報を受けた消防が現場に出動し、当該共同住宅の供給設備(50kg容器×4本)の容器バルブを全て閉止し、拡散作業を実施した。消防から連絡を受けた販売事業者が現場に到着し、1本の容器において容器バルブと高圧ホースの接続部からガスの漏えいを確認した。原因は、容器交換時に、容器バルブと高圧ホースの接続部の締め付けが不足していたため、当該接続部がゆるみガスが漏えいしたものと推定。
2 平成28年2月5日 網走市 漏えい 一般住宅において、消費者より「ガス臭がする」との連絡を受け、販売事業者が出動したところ、供給管の継手部が損傷し、ガスが漏えいしていることを確認した。原因は、屋根からの落雪や氷により、供給管に荷重がかかり損傷し、ガスが漏えいしたもの。
3 平成28年3月15日 小樽市 漏えい 共同住宅において、住人からの通報を受けた消防が出動し、容器バルブを閉止した。消防からの連絡を受けた販売事業者が出動したところ、自動切替式調整器と集合装置のヘッダーとの接続部分より、ガスが漏えいしていることを確認した。原因は、地面の凍上により、容器庫、横引き配管及び自動切替式調整器が押し上げられ、集合装置が建物基礎部分にアングル金具により固定されていたことから調整器と集合装置のヘッダーとの接続部分に負荷がかかり亀裂が入ったため、ガスが漏えいしたもの。
4 平成28年4月28日 札幌市 漏えい 共同住宅において、住民より「帰宅したところガス臭を感じた」との連絡を受け、消防及び販売事業者が出動したところ、当該住宅の1階・店舗(飲食店)のマイコンメーターがBR(圧力微小漏えい警告)を表示しており、当該店舗は既に閉店していたが、ガスが使用中であることを確認した。原因は、当該店舗の従業員が、厨房内の業務用ガステーブル(4口)の1ヶ所のバーナーのつまみを閉め忘れて開放状態にしていたため、ガスが漏えいしたもの。なお、ガス警報器は、当該店舗の従業員により取り外されていたため未設置であった。(バルク貯槽498kg×1基)
5 平成28年7月2日 札幌市 漏えい 一般住宅において、消費者より「屋外にあるエコジョーズ付近からガス臭を感じた」との通報を受け、販売事業者が調査したところ、低圧配管用継手金属製フレキシブルホースからガスが漏えいしていることを確認した。原因は、当該フレキシブルホースが、何らかの要因により外面から腐食し貫通孔が発生したため、ガスが漏えいしたもの。(バルク貯槽150kg×1基)
6 平成28年9月1日 札幌市 漏えい爆発 共同住宅において、消費者より「風呂釜の点火操作をしたところ、異音とともに風呂釜の蓋が外れた」との連絡を受け、販売事業者が調査したところ、BF式風呂釜の側面が変形していることを確認した。原因は、当該風呂釜は、何らかの要因により口火の点火が難しい状態にあり、消費者が点火操作を繰返し行ったため機器内に未燃ガスが滞留し、点火時の火が引火したものと推定される。
合計 0 0 0 0

注) ※北海道から報告のあった事故を集計

北海道産業保安監督部 保安課
TEL. 011-709-2311 (内線)2745〜2747
FAX. 011-707-6337
E-mail hokkaido-hoan@meti.go.jp

  このページのトップへ
 一覧にもどる トップページにもどる
経済産業省 北海道産業保安監督部
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
プライバシーポリシー