北海道産業保安監督部
サイトマップ お問い合わせ  RSS  トップページ
トップ産業保安都市ガス資格ガス消費機器設置工事監督者資格について

ガス消費機器設置工事監督者資格について

平成25年4月1日
北海道産業保安監督部

 特定ガス消費機器を設置する工事を行う場合は、ガス消費機器設置工事監督者の資格を持った者が実地に監督する必要があります。
 ただし、資格を持った者が自ら工事を実施する場合は、別に監督者を置く必要はありません。

[特定ガス消費機器]
○ガスふろがま ガスバーナー付きふろがま。
ガスバーナーを使用することができる構造のその他のふろがま。
並びにこれらの排気筒及び排気筒に接続される排気扇。
○ガス湯沸器
(暖房兼用を含む)
ガス消費量が12kwを超えるガス瞬間湯沸器。
ガス消費量が7kwを超えるその他の湯沸器。
並びにこれらの排気筒及び排気筒に接続される排気扇。
ガス消費機器設置工事監督者の資格を取得するには以下のいずれかの要件が必要です。
(1)工事を行うために必要な知識及び技能に関する講習(資格講習)を修了した者であること。
(2)液化石油ガス設備士であること。
(3)(1)及び(2)と同等以上の知識及び技能を有すると経済産業大臣の認定を受けた者であること。

(3)については、経済産業大臣が指定する者が実施する工事に関する講習(認定講習)を受講後、経済産業局長に認定申請を行ってください。

 資格講習及び認定講習は、平成25年度から「一般財団法人日本ガス機器検査協会」が実施しています。
 講習の日程等については下記のホームページをごらんください。

■「一般財団法人日本ガス機器検査協会」 http://www.jia-page.or.jp/

北海道産業保安監督部保安課
電話 011-709-2311(内線)2745〜2747
ファクシミリ 011-707-6337
E-mail hokkaido-hoan@meti.go.jp

当部の広報内容に関するご意見・お問い合わせは、こちらをご覧ください。
  このページのトップへ
 一覧にもどる トップページにもどる
北海道産業保安監督部
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
プライバシーポリシー