北海道産業保安監督部
サイトマップ  お問い合わせ  RSS  トップページ
トップ電気保安電気事故関係平成28年度第4四半期(1月〜3月)の管内における発電所主要電気工作物破損事故について

平成28年度第4四半期(1月〜3月)の管内における発電所主要電気工作物破損事故について

令和元年5月15日更新
平成29年 7月26日
北海道産業保安監督部

 平成28年度第4四半期(1月〜3月)に発生した管内における発電所主要電気工作物破損事故について、電気関係報告規則(以下、規則という。)に基づき当部に対して5件の報告があり、概要についてお知らせします。
 主要電気工作物は、施設の運転、維持又は保安対策上必要不可欠なものとして規則に定められており、当該電気工作物の破損事故によっては、施設の機能に重大な影響を及ぼすだけではなく、道路や公園等の公共の財産に損害を与え、社会的に影響を及ぼすおそれがあります。
 したがって、発電所に電気工作物を設置する者には、上記のような損害の発生等を抑止するため、「発電用火力設備に関する技術基準」、「発電用水力設備に関する技術基準」又は「発電用風力設備に関する技術基準」に適合するよう維持、管理するとともに、万が一、当該事故が発生したときには、その原因を究明し、再発防止対策を図ることが求められています。
 電気保安に携わる皆様におかれましては、本事例を参考として、事故に伴う損害を十分に認識し、発生し得る社会的な影響を踏まえ、保安意識・技術の向上や、適切な点検・計画的な設備更新を図るとともに、自主保安体制の充実・強化に努め、電気事故の防止に役立てていただきますようお願いいたします。

第1四半期第2四半期第3四半期第4四半期

No.1
件名 【風力】自家用発電所 風力機関 調速装置破損事故
発生年月 平成29年1月
事故発生電気工作物 調速装置
事故の概要 ・潤滑油圧低警報が発生し風車停止。
・調査の結果、増速機の遊星歯車3個中1個の軸受の損傷を確認。
事故原因 保守不備(保守不完全)
  • 遊星軸受の損傷および内歯車に軸受破片とみられる金属片の食い込みが確認されたことから、今回の事故の原因は、遊星軸受の損傷により発生した金属片を噛み込んだことによるものと推察。
  • 当該風車には自動調心コロ軸受が使用されているが、自動調心コロ軸受の場合、風車の運転状況やドライブトレイン機器(ローター・主軸・増速機・発電機)の設置状況等により損傷の可能性がある。
  • 再発防止対策
  • 遊星軸受の型式を円筒コロ軸受に変更する対策品が風車メーカーにて開発されており、復旧にあたり、この対策型(円筒コロ軸受)の増速機を用いる。
  • また、未対策品の増速機については、年1回のアライメント確認にレーザー計測装置を導入することにより制度を向上させること、及び、状態監視を強化し、不具合兆候が確認された場合には、軸受改良品と交換を行うことで対策とする。

  • No.2
    件名 【火力】事業用発電所 ボイラー水管破孔事故
    発生年月 平成29年2月
    事故発生電気工作物 水管
    事故の概要 ・運転中、ボイラー燃焼室内「上部圧力HH(極高)」警報によりMFT動作しボイラーが停止。
    ・調査の結果、燃焼室前面壁水管の破孔を確認。
    事故原因 設備不備(施工不完全)
    ・溶接施工時の開先合わせ(距離不適切)と溶接部不良(溶け込み不足)で余盛が摩耗・減肉し破孔した。
    再発防止対策 ・溶接施工時立会確認をすべての溶接箇所で実施することと、溶接施工要領書の遵守を施工会社に徹底させる。

    No.3
    件名 【火力】自家用発電所 ボイラー 蒸発管破孔事故
    発生年月 平成29年2月
    事故発生電気工作物 蒸発管
    事故の概要 ・点検作業中、炉底部から蒸気漏洩音を確認し、プラントを停止。
    ・調査の結果、ボイラ炉底部蒸発管に破孔を確認。
    事故原因 保守不備(自然劣化)
     起動停止等の繰り返しにより溶接止端部で蒸発管とフィンの熱伸び差が生じ、低サイクル疲労破壊により亀裂が発生したと推定。
    再発防止対策 ・漏洩部位と同形状の炉底部蒸発管のフィン溶接端部を切削、グラインダによりR加工を実施
    ・定期検査時に炉底部蒸発管フィン溶接止端部の点検を実施する。

    No.4
    件名 【火力】自家用発電所 ボイラー 蒸発水管破損事故
    発生年月 平成29年3月
    事故発生電気工作物 蒸発水管
    事故の概要 ・通常運転中、炉内圧力上昇、ドラム水位が急低下し、MFTが動作しボイラーが停止。
    ・点検の結果、蒸発水管に破孔を確認。
    事故原因 保守不備(保守不完全)
     損傷管の変更(曲がり)により、スーツブロアとの接触痕を確認。管の変形によりスーツブロアとの接触が繰り返され、摩耗により破孔に至ったものと推定。
    再発防止対策 ・定期事業者検査毎に、スーツブロアと水管の接触が無いか確認する。
    ・水管の変形原因調査、変形対策についてはボイラーメーカーと協議し進める。

    No.5
    件名 【火力】自家用発電所 ボイラー蒸気管破損事故
    発生年月 平成29年3月
    事故発生電気工作物 蒸気管
    事故の概要 ・運転中、ボイラの炉内圧力上昇と同時に蒸気ドラムの水位が急激に低下し、MFTが動作しボイラーが停止。
    ・点検の結果、層内蒸発管に破孔を確認。また、層内蒸発管破孔に伴い漏れた蒸気により炉底管が損傷を確認。
    事故原因 保守不備(保守不完全)
     損傷管の外周の二分管(上下)が脱落、それがボイラー停止時の点検並びに補修時に見落とされていたため管の摩耗が進行し破孔に至ったものと推定。
    再発防止対策 ・今回の水管修理に併せ、プロテクター全数の溶接部の点検を実施する。
    ・定期補修時に層内蒸発管更新工事に併せプロテクターの一部見直し(継ぎ目無しに変気)を行う。

    北海道産業保安監督部 電力安全課
    電話:011-709-2311
    (内線 2720〜2722)
    ファクシミリ:011-709-1796
    E-mail hokkaido-denryokuanzen@meti.go.jp

      このページのトップへ
     一覧にもどる トップページにもどる
    経済産業省 北海道産業保安監督部
    〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
    Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
    プライバシーポリシー