北海道産業保安監督部
サイトマップ  お問い合わせ  RSS  トップページ
トップ鉱山保安令和元年度鉱山保安標語の入選作品発表

令和元年度鉱山保安標語の入選作品発表

令和元年6月18日
北海道産業保安監督部

 全国鉱山保安週間(7月1日〜7月7日)は、「国民安全の日(7月1日)」に合わせ、鉱山における自主保安活動を推進し、保安意識の高揚を図るとともに、広く国民の間に鉱山保安に関する認識と理解を深め、もって鉱山の危害及び鉱害の防止に資することを目的としており、関係機関及び各鉱山では様々な取組が行われています。
 平成26年度から当部において鉱山保安標語の募集選定を行っており、本年度は220作品にのぼる多数の御応募をいただきました。
 御協力をいただきました関係団体並びに御応募いただいた皆様方には厚く御礼申し上げます。
 応募作品については、審査の結果、次の作品を入選作としましたので発表させていただきます。
 なお、入選された方々には北海道産業保安監督部長から表彰状が授与されました。
 また、入選作品は印刷のうえ各鉱山へ配布いたしますので、保安運動に御活用下さい。

入選作品及び作者(敬称略)

声掛け、問い掛け、心がけ、言葉でつなぐ安全確認
(鹿越鉱山 金山礦産株式会社 内田 竜一)
無駄と思うなその作業 手順書遵守が無事故の杖
(北菱美唄炭鉱 北菱産業埠頭株式会社 加藤 晋)
忘れるな 基本動作と危険予知 一人一人の心がけ
(鹿越鉱山 金山礦産株式会社 坂本 勝義)
※災害は 無理と油断焦りから 手順を守りゼロ災害
(峩朗鉱山 太平洋セメント株式会社峩朗鉱業所 染谷 真大)
気を抜くな 慣れと油断に 事故潜む
(北見石灰鉱山 北見石灰工業株式会社 武田 学)
気遣う心 忘れずに ひと声かけて 無災害
(北見石灰鉱山 北見石灰工業株式会社 中村 勉)
今日も元気で 「ただいま」と 笑顔で帰宅を待つ家族
(北海道シェル鉱山 北海道シェル工業株式会社 村越 千代子)
見たつもり、 やったつもりが事故のもと つもりをなくして安全作業
(砂子炭鉱 株式会社砂子組 吉原 信治)
※を付した作品は、副賞としてヘルメットを贈呈いたしました。

**入選 おめでとうございます!**

北海道産業保安監督部 鉱山保安課
TEL 011-709-2311(内線)2821
FAX 011-709-2468
E-mail hokkaido-kozan@meti.go.jp

  このページのトップへ
 一覧にもどる トップページにもどる
経済産業省 北海道産業保安監督部
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
プライバシーポリシー