北海道産業保安監督部
サイトマップ  お問い合わせ  RSS
トップ産業保安都市ガス都市ガスの事故集計平成30年ガス事故発生状況

平成30年1月〜12月 ガス事故発生状況

平成31年 3月28日
北海道産業保安監督部 保安課
No.   発生年月日   事故の種類 人身被害 事故概況 事故発生設備 参考情報
死亡 中毒 負傷 製造者 型式
1 平成30年2月1日 漏えい着火       瞬間湯沸器(強制給排気式)の給排気部先端(屋外)が着氷し、給排気が適切に行われない状態で運転したため、異常着火により、瞬間湯沸器ケーシングの一部変形に至った。 瞬間湯沸器(FF式) (株)ノーリツ GTH-1644AWX3H-SFF-KO
2 平成30年3月2日 避難       灯外内管(白管)の経年劣化による腐食により、ガスが漏えいし、避難が実施された。 灯外内管 白管25mm
3 平成30年3月9日 交通困難       低圧支管(白管)の継手ねじ部への土荷重、輪荷重により亀裂が生じ、ガスが漏えいし、周辺道路の交通規制が実施された。 本支管 白管50mm
4 平成30年3月11日 供給支障       供給管(PLS)の道路横断部横引き配管接合部(メカニカル継手)への土荷重、凍上及び当該箇所の自然水位が高かったこと等に起因し、当該横引き配管接続部から差し水により供給支障となった。 供給管 PLS管
メカニカル接合
80mm
5 平成30年3月13日 交通困難       灯外内管(白管)の経年劣化により、ガスが漏えいし、交通規制が実施された。 灯外内管 白管25mm
6 平成30年4月1日 漏えい着火       ガス給湯暖房熱源機内にガスが漏えい着火し、ケーシングが破損した。 ガス給湯暖熱源機 (株)ノーリツ GQH-1613WX-FF-1
7 平成30年5月11日 交通困難       他工事業者が敷地内を重機にて掘削した際、ガス管の存在に気付かず埋設されていた灯外内管を損傷したことでガスが漏えいし、交通規制が実施された。 灯外内管 白管25mm
8 平成30年5月12日 漏えい着火       業務用フライヤーに接続されている金属可とう管において、当該フライヤー下部にある廃油缶を出し入れする際に長期に渡り繰り返し接触することにより、接続部付近に応力が加わり、亀裂が生じ、ガスが漏えいし、使用中の業務用フライヤーの炎により着火した。 金属可とう管 日立金属(株)
9 平成30年5月21日 交通困難       灯外内管(白管)の隠ぺい箇所において、経年劣化によりガスが漏えいし、交通規制が実施された。 灯外内管 白管50mm
10 平成30年5月30日 避難       他工事業者が杭打ち工事を行うため敷地内を重機にて杭打ちした際、ガス管の存在に気付かず埋設されていた灯外内管を損傷したことによりガスが漏えいし、避難が実施された。 灯外内管 PE30mm
11 平成30年6月4日 交通困難       他工事業者からの事前照会はあったが、当日の工程に無い工事内容を連絡せず重機にてガス管近傍を掘削した際、本支管が損傷したことによりガスが漏えいし、交通規制が実施された。 本支管 PE50mm
12 平成30年6月16日 交通困難       灯外内管(白管)の経年劣化により、ガスが漏えいし、交通規制が実施された。 灯外内管 白管50mm
13 平成30年6月21日 ガス中毒     食品工場における業務用炊飯器の排ガスにより、食品工場の従業員6名がCO中毒により病院へ搬送された。 業務用炊飯器 京豊エンジニアリング(株)
14 平成30年7月3日 漏えい着火       灯内内管(白管)の経年劣化により、ガスが漏えいし、風呂釜の入気ファンの稼働により漏えいガスが水抜き孔から進入し爆着した。 FFシャワー付風呂釜 リンナイ RF-1370FFS-B
15 平成30年8月6日 漏えい着火     灯外内管入替工事において、ガスの遮断及び置換を行わずに電動ノコギリにより管を切断したことにより、何らかの着火源により引火し火傷を負ったもの。 灯外内管 PLP80mm
16 平成30年9月26日 交通困難       他工事業者が重機によりカーポート設置のための駐車場整備を行っていたところ埋設管を破損したためガスが漏えいし、交通規制が実施された。 灯外内管 PE
17 平成30年10月8日 漏えい着火       食器洗浄機に接続されている金属可とう管において、食器洗浄機横のスペースで水切りラックを出し入れする際に金属可とう管に接触し、長期に渡り繰り返し接触することにより、接続部付近に応力が加わり、亀裂が生じ、ガスが漏えいし、使用中の食器洗浄機の炎により着火した。 金属可とう管 日立金属(株)
18 平成30年11月9日 交通困難       道路向かいの住民が車両操作を誤り、当該建物に車両が衝突し、その際、衝突箇所にあったガス立ち上り管を損傷し、ガスが漏えいし、交通規制が実施された。 灯外内管 PLV25mm
19 平成30年11月30日 供給支障       特定製造所内に設置している感震器(電気式)が984ガルを示し、緊急遮断弁に誤った数値を送ったためにガスが遮断したため、ガスの供給が停止した。 感震遮断装置
北海道産業保安監督部 保安課
TEL 011-709-2311
(内線)2745
FAX 011-707-6337
E-mail hokkaido-hoan@meti.go.jp

 一覧にもどる トップページにもどる
経済産業省 北海道産業保安監督部
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 北海道産業保安監督部管理課
Copyright © 2004 北海道産業保安監督部 All rights Reserved.
プライバシーポリシー